今後のイベントについて

2010/06/22

こんにちは。広報担当のAです。

今後の美術館の予定について、お知らせします。どのイベントも要チェックです!

 

まずは7月10日(土)、開館記念展〈Ⅰ〉「ポーラ美術館コレクション展‐印象派とエコール・ド・パリ」展プレイベント

 

レクチャー「光学調査で印象派絵画を読み解く」

 

ポーラ美術館から学芸員の方を招き、X線画像、赤外線画像を用いる光学的な調査手法を通して、ルノワールを始めとする印象派やセザンヌ、ゴッホなどの絵画技法を解き明かし、画家の制作意図と描画のプロセスを読み解きます。

 

日時:7月10日(土) 13:30~15:00 (開場は13:00) 

会場:多目的室

講師:内呂博之(財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館学芸員)

入場料:無料(当日そのまま会場へ)

定員:120人

 

 

 

続いて、7月23日(金)19:00~21:00より、

高木正勝ドキュメンタリーフィルム 「或る音楽」 上映会&トーク

 

film_1.jpg

film_5.jpg 

世界各地を旅し撮影した素材をもとに、コンピュータを絵筆として映像作品を描くアーティスト・高木正勝。2009年のNEWSWEEK誌の特集「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた高木さんが、2008年秋より挑んだ音楽プロジェクト「Tai Rei Tei Rio(タイ・レイ・タイ・リオ)」を追ったドキュメンタリーフィルムの上映会です。

23日(金)はご本人が来館!

映画上映ののちトークイベントを行います(要予約)。

また、24日(土)、25日(日)は、「或る音楽」と近年の作品「Homicevalo」「NIHITI」を合わせて上映します(予約不要)。

 

 

日時:7月23日(金) 19:00~21:00  「或る音楽」上映+高木正勝トークイベント(要予約)

    7月24日(土) 16:00~17:30   「或る音楽」上映+「Homicevalo」「NIHITI」上映(予約不要)

    7月25日(日) 16:00~17:30   「或る音楽」上映+「Homicevalo」「NIHITI」上映(予約不要)  

会場:多目的室 

入場料:500円(全日程同額)

定員:100人 

23日申込方法:お電話またはHP申込フォーム(7月1日開通予定)にて。

       7月1日(木)10時より受付開始。先着順。

 

 

 

そして8月8日(日)は「ピーター・バラカンの音を見る。アートを聴く。」

第1回目「音楽が生まれるとき-スタッフ・ベンダ・ビリリとともに」

 

peter_barakan.jpgテレビやラジオでブロードキャスターとして活躍中のピーター・バラカン氏を案内役にお迎えし、美術と音楽の根底にある、人が「アートする」という行為はどのようなものか?という、この素朴な問いを、あらためて考えてみようと思います。

3回シリーズのうちの第1回目は、アフリカ・コンゴで、身体に障害を抱えながら路上生活を送るストリートミュージシャン集団「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を取り上げます。

その二重三重の逆境から奏でられる音楽は、奇跡といってもいい、高揚感、情熱に満ちあふれています。

スタッフ・ベンダ・ビリリを通して、ピーター・バラカン氏がアフリカ音楽の力強さの背景を語ります。

 

bilili_1小.jpg                                                      スタッフ・ベンダ・ビリリ

                              (全員が乗ってるコレ、バイクじゃないですよ。車イスです。)

 

日時:8月8日(日) 14:00~15:30 

会場:多目的室

入場料:無料

定員:100人

お申込み:お電話またはHP申込フォーム(7月1日開通予定)にて。

      7月1日(木)10時より受付開始。申込多数の場合抽選。

 

 

 

・・・・たくさん書いてしまいました。

いま紹介したもの以外にも、今後様々な催し物を行います。

詳しくは後日HPに記載しますので、ぜひご期待下さい!

 

(R.A)

日詰明男工作ワークショップ 「黄金比のカタチをつくろう」

2010/06/19

先の記事の追加です。

「ワークショップシリーズVol.2  日詰明男 黄金比のカタチ」では、6/26、27に「日詰明男工作ワークショップ 黄金比のカタチをつくろう」と題したワークショップを行います。

 

6/26は<プレアデス>の制作

DSC_0018.JPG

 

そして、6/27は<竹のスターケージ(六勾納豆-むまがりなっとう)>です。

DSC_0031.JPG

 

黄金比に基づくこれらの立体模型は、それぞれたたんで小さくできる半面、衝撃を加えたり、力を加えるだけで、もとの立体に戻るという、不思議な性質を持っています。

当日は日詰さんのレクチャーとともに制作し、できたものはお持ち帰り可能です。(どちらも材料費は1,000円です)

参加ご希望の方は、お電話で静岡市美術館(054-273-1515)までお申し込み下さい。

ご応募お待ちしています!

 

(R.A)

ワークショップシリーズVol.2 日詰明男 黄金比のカタチ <たたけたけ>

2010/06/19

先週の13日、「ワークショップシリーズVol.1  鈴木康広 まばたきの葉」が、盛況のうちに終了しました。

静岡市美術館、最初のワークショップシリーズ。多くの方にご来館いただきました。

本当に、ありがとうございます。

 

美術館では、引き続き「ワークショップシリーズVol.2 日詰明男 黄金比のカタチ」を実施します。

今日はそのさきがけとして、「公開演奏体験ワークショップ <黄金比の音楽「たたけたけ」>が行われました。

日詰明男(ひづめあきお)さんは、植物の葉の付き方、惑星の運行など、自然界のあらゆるところに現れる「黄金比」をテーマに、造形活動や音楽制作を行っているアーティストです。

 

 

DSCN0837.JPG今日行った「たたけたけ」は、文字どおり竹の打楽器で黄金比のリズムを奏でるワークショップです。

どなたでも、その場でご参加いただけるため、美術館に来られた来館者の方とともに、私も一緒に楽しませていただきました。リズムは「たたけたけ」の言葉を基本に、いくつものバリエーションに富んだものでした。

演奏のさなかは集中し、リズムに引き込まれていくのですが、演奏が終わったとたんに緊張はほぐれ、参加したみなさんと楽しくおしゃべり。黄金比のリズムは、普段の音楽では味わえない面白さと、参加した方との一体感を味わえるものでした。

そして、いまだリズムが頭から離れません(歩きながら無意識に「たたけたけたけ・・・」と反すうしています)

 

DSCN0840.JPG演奏といってもリズムに合わせてバチで竹を打つだけなので、とても簡単。

明日も18:00から演奏開始です。皆さん、本当に楽しいので、ぜひご参加ください!

 

(R.A)

竹久夢二展のお知らせ

2010/06/16

静岡市が所蔵する志田コレクション・竹久夢二作品。その質の高さは、以前平成19年に静岡アートギャラリーでお披露目されたのをきっかけに、多くの方に知られることとなりました。

これをきっかけに夢二ファンになった方、さらに夢二が好きになった方、たくさんいらっしゃるかと思います。

今年度からは、静岡市美術館に収蔵されるはこびとなりました。

夢二ファンのみなさま、「次の展示はいつ?」と首をながーくして待っているかたもいらっしゃるかもしれません。

そんな方に朗報です!

今回、その志田コレクションの展覧会が、川越市立美術館で開かれることになりました!!!!

久しぶりに大規模な志田コレクション展です。

 

チラシもこのようにすでに出来上がっております↓

(おもて)

20100616171149_00001.jpg  

(うら)

20100616171208_00001.jpg

 

すでに、川越、埼玉県内のみならず、東京あたりでも話題になっている様子です。

送り出す方としても緊張しますね(汗、汗)。

期間中、茶席、建築見学会、コンサートと多様なイベントで志田コレクションを盛り上げていただけるようです。

川越にはまだおじゃましたことはないのですが、「小江戸」の名でも知られ、大正期の建物もたくさん残る町。そんな場所に夢二が展示されるなんて、今からとても待ち遠しいです♪

ぜひぜひ皆様、サッカーのサポーターのように、とまで言いませんが(笑)、志田コレクションの応援に川越に足を運んでみてくださいね!

なお、チラシは静岡市美術館エントランスにもございますので、お気軽にいらしてください~

(K.O)

 

みんなのまばたき

2010/06/05

エントランスホールに設置されている

「まばたきの葉」。

 

5月2日からはじまり、約一ヶ月がたちました。

みなさんが描いたまばたきの葉がどんどん増えてきています。

 

まばたき一つとってもイロイロ...。

例えば...。

 

【リアル系】

DSCN0696.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0698.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【アニメ系】

DSCN0700.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0703.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ド派手系】

 

DSCN0704.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0708.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【血走り系】

DSCN0709.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0710.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目、休めてください。

 

 

 

【番外編】

DSCN0711.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0713.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...!

 

 

 

「まばたきの葉」は6月13日まで!

みなさまも是非、自分なりの「まばたき」を描いてみてください!

 

(a.i)

呈茶サービスが始まりました!

2010/06/04

6月1日より、エントランスホールで、NPO法人日本茶インストラクター協会さんによる呈茶サービスが始まりました!

なんでも、日本茶の魅力を再発見するプロジェクトなんだとか。


呈茶スタッフの方が、とっても美味しいお茶を淹れて下さいます。


 


ブログ用 呈茶 007.jpg

なんと、日によって違う茶葉でお茶を淹れて下さるんです!だから毎日飲みに来て下さっても、飽きませんよ~。


本日の茶葉は牧ノ原。新茶です。さてさてどんなお味なのやら...


ブログ用 呈茶 010.jpg

まず、上の写真が基本キット。
お盆の右側に載っている、ベージュの入れ物は湯冷まし用。


静岡人なら知っている方も多いかと思いますが、お茶は温度で味が変わりますよね。


少し冷ました低い温度のお湯で淹れる事で、お茶の中に「アミノ酸」が出て、甘い味になるんだそうですよ。


ふむふむ、勉強になります。ではさっそく淹れてもらいましょう。


ブログ用 呈茶 006.jpg

一煎目は、とっても深い甘みが口に広がります!


ん~美味しい♪もっとたくさん飲みたい...という気持ちが強くなります。


ブログ用 呈茶 002.jpg

なんと、二煎目も淹れて下さいます。


一煎目に比べると少し薄く、でもまた違った味でこれも美味しい♪


「一煎目と二煎目の違いも感じて欲しい」とスタッフさんがおっしゃっていましたが、こんなに味が違うなんて!納得です。


ブログ用 呈茶 005.jpg


たくさんの方が日本茶を楽しんで行って下さいます。

天気のいい日は、エントランスホールは柔らかい日差しで溢れるので、とても気持ちのいい空間になりますよ。


ブログ用 呈茶 004.jpg


カフェスペース内のイスとテーブルは、ご自由にお使い頂けます。


ブログ用 呈茶 009.jpg

そのままゆっくりお話していかれる方も。

憩いの場にして頂ければ幸いです。


ブログ用 呈茶 011.jpg

これはおまけ。上の急須は、ちょっと変わり種です。

右のものはフタがない急須。左のものは、初夏の雰囲気に合わせて選んできて下さった急須だそうです。涼しげでいい感じですね♪


ブログ用 呈茶 012.jpg

この呈茶サービスは、6月30日(水)まで開催しています。(月曜日は休館、火曜日はお休みなさるそうです)
お近くにお越しの際は、是非寄って行って下さいね。

呈茶スタッフのみなさん、ご協力ありがとうございました!


(k.s)