ワークショップ「まばたきの葉をつくろう」 小学生編

2010/05/23

先日、5月15日(土)に

アーティストの鈴木康広さんを招いてのワークショップ「まばたきの葉をつくろう」

を実施しました!

 

このブログをご覧になっている方はもうご存知かもしれませんが、

静岡市美術館のエントランスホールに

鈴木さんの「まばたきの葉」が設置されております。

 

鈴木さんが制作されるものはどれも

私たちが日常で当たりまえだと思っていることを題材にしています。

「まばたきの葉」もそうですが、

何気ない毎日の行動を振り返ってみたり、

当たり前のしぐさが、意識することで新鮮に感じたり...

 

いつもハッとさせてくれるものばかりです。

今回はその面白さが伝わったワークショップになったとおもいます!

 

ws.JPG

 

小学生が対象だったのですが、せっかくなので、お母さんや飛び入りの方にも

ご参加いただきました。

 

まずは鈴木さんの自己紹介から...。

 

ws (1).JPG

 

けん玉がお得意なようです。

 

実際に披露して下さいましたが、本当に上手い!

 

「好きなたべもの」や「苦手だった教科」、「小学生のとき一番恥ずかしかったこと」

などもお話してくださり、最初は少し緊張していた子どもたちもどんどん笑顔になっていきました。

 

緊張もほぐれ、鈴木さんがどんな人かわかったところで、

次はさっそく作業です。

 

紙とはさみをつかって、空中でまわる紙工作をつくります。

 

ws (2).JPG

 

短冊状に切った紙に少し手を加えるだけで、くるくると面白いうごきをするんです!

みんな夢中になって飛ばしています↓

 

ws (3).JPG

 

どうしたらきれいに回転するのか、みなさん勝手に(?)試行錯誤!

面白いものが出来上がると

みてみてー!と

みんな鈴木さんに見せにきていました。

 

紙とはさみだけでこんなに色々なものができるなんて!

おとなも子ども以上に真剣です...!?

ws (4).JPG

 

回転する楽しさを知ったあとは、

「まばたきの葉」に近づいていきます。

 

ws (5).JPG

 

色々なかたちを切って、回転させてみると、

葉っぱのかたちが一番きれいに回ることがわかるのです。

けど、葉っぱのかたちといっても人それぞれ...。

ゆっくりと落ちていくものもあれば、高速に回転するものも...。

かたちって奥深い。

 

ws (6).JPG

 

最後は、ちょっと難しかったかな?と心配もしていたのですが、

つくった葉っぱに2コマの世界を描いていきます。

例えば、「開いた眼」と「閉じた眼」を書いて、空中から回転させると、

パチパチパチ!とまばたきしているように見えるのです(これが鈴木さんの作品ですね)

パラパラ漫画やアニメーションとおなじです。

 

おもしろいアイデアがいっぱいでたところで!

最後の最後にエントランスで吹きあげてみました!

 

ws (7).JPG

 

おー。

装置に入れると、また違った動きをしておもしろい!

 

静岡市美術館が開館して、初めてのワークショップで

不安もありましたが、みんな楽しんでくれたようでほっとしました。

 

ワークショップが終了したあとも、閉館間際まで「まばたきの葉」を

楽しんでくれたようです。

ありがとうございます。

 

 

次回は6月13日(日)に中学生~大人までを対象としたワークショップを開催します。

ただ、ごめんなさい!

こちらは大人気ですでに定員がいっぱいになってしまいました。

 

当日、見学は可能なので、是非お時間ある方はいらっしゃてくださいね♪

鈴木さんのお話を聞くだけでも、かなり面白いと思いますよ♪

 

(a.i)

落ち穂拾い

2010/05/12

鈴木康広さんの「まばたきの葉」

 

日々、落ち穂拾い?

まばたきケアにいそしんでいます。。。。

 

落ち穂拾い 043.jpg

 

なんだか、ひよこの選別しているような錯覚にもおちいります。。。。

 

 

落ち穂拾い 048.jpg 

 

 枯葉?と活きのよい葉?を選別して、お客様が気持ちよく、まばたきの葉を楽しんでいただけるよう、せっせとより分け。

そうじをして、今朝も開館時間を迎えます。

大事な作品を、ベストな状況で末永く保存・展示・公開するのは美術館の使命ですから!!

今日も、新鮮な「まばたきの葉」があなたをお待ちしています!

 

(e.y) 

石田徳行先生講演会

2010/05/12

5月9日 開館記念展〈Ⅱ〉「家康と慶喜―徳川家と静岡」展のプレイベントとして、 元静岡県立中央図書館館長で、現在、(財)静岡市文化振興財団理事長の石田徳行先生に 「静岡学問所と葵文庫~徳川藩教育の遺産」 というタイトルでご講演いただきました。 石田先生は、もともと静岡県立静岡商業高等学校など、県立高校の社会科の先生でした。在職中に、県立中央図書館にも出向され、県立中央図書館の館長も勤められた方です。

  DSCN0356tu.JPG

聴講者の席の方に降りられて、お話なさる様子は、さすが長年高等学校の教壇にたっておられた先生ですね。 充実したレジュメと、貴重な画像を交えながら、ご講演されること90分。

  DSCN0357tu.JPG

明治初年の静岡は、日本中の「知」が集結した地であったことを、具体的に教えいただきました。明治2年の静岡学問所が設立の状況、また、その時にもたらされた沢山の貴重な書籍については、かつて現場で葵文庫の整理に携わられた先生ならではの興味深いお話のかずかず、、、、 聴講者は102名を数え、大変熱心に先生のお話に聞き入っていました。 ご参加、ご協力いただきました方々、そして、石田先生ありがとうございました。 講演会第一回目、多目的室をつかってのイベントの第一回目だったこともあり、音声についてお聞き苦しい点が多々ありましたこと、お詫び申し上げます。

 

(s.o)

鈴木康広 まばたきの葉 

2010/05/07

静岡市美術館での展覧会は10月から始まります。

10月からのラインナップはこちら↓

http://www.shizubi.jp/exhibition/future.php

 

新しい施設なので、展示室の空気環境を整える必要があるのです。

 

展覧会が始まる10月までの間は、「交流ゾーン」という

どなたでも無料で立ち寄れるスペースで講演会やワークショップなどなど、

様々なイベントを開催していきます。

 

現在、その交流ゾーンの中心であるエントランスホールに

浜松市出身のアーティスト鈴木康広さんの「まばたきの葉」が設置されています!

 

suzuki1.JPG

 

表に「開いた眼」、裏に「閉じた眼」が描かれている葉っぱを

白い煙突状のものに入れると、上からくるくると回転しながら舞い落ちてきます。

舞い落ちてくる葉っぱを見ると、ぱちぱちとまばたきをしているように見えるのです!

 

suzuki3.JPG

 

みなさんが葉っぱをいれることで、「木」のかたちが空間にあらわれてきます。

 

今回は何も描かれていない真っ白な葉っぱもご用意しております。

「自分のまばたき」を是非描いてみてください。

 

 ↓左にいらっしゃるのが鈴木さん。

suzuki2.JPG

 

また、今回は「チョコレートの頂き」も特別にお借りしました!

遠くからみると...。

近くからみると...。

 

視点をテーマにしており、静岡市美術館のロゴマークとも通じるものがあるのです。

こちらも是非ご覧下さいね。

 

「ワークショップシリーズVol.1  鈴木康広 まばたきの葉」

5月2日(日)~6月13日(日)

開館時間 10:00~19:00  月曜休館

 

鈴木康広さんを招いてのワークショップ

「まばたきの葉をつくろう」

5月15日(土)小学生

6月13日(日)中学生~大人まで

13:30~15:30 

各日定員30名

※参加ご希望の方は電話(054-273-1515)にてお申し込みください。

 

(a.i)

 

開館しました!

2010/05/02

OPEN POSTER.jpg

 

静岡市美術館、ついに開館です。

 

今日はオープンしたばかりの館内の様子をちょっとご紹介します。

 

sofa1.JPG 

 みなさん、静美でくつろいで下さってますね。

待ち合わせやショッピングの休憩にふらっと美術館に立ち寄る。

そんな居心地のよい美術館として皆さまに親しんでもらえるとうれしいです。

 

その中でも私のおススメ空間はこちら。

お天気がいい日は仕事を忘れて長居したくなるほどです。

(...ってダメか。)

sofa2.JPG

 

5月9日(日)までの毎日、11時と14時から、

「美術館探検ツアー」を開催しております。

 

 

tannken.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡市美術館ってどんなところ?

これからどんなことをしていくの?

 

と疑問に思われる方は是非ご参加ください!

「美術館探検マップ」という冊子を使いながら、当館スタッフが

館内をご案内します。

普段は入れないバックヤードも特別に公開しちゃいますよ。

参加無料、受付不要ですので、当日インフォメーション前にお集まりください。

 

少しづつですが、静岡市美術館を皆さまにご紹介していければと思います。

ご期待ください!

 

(a.i)