静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > レオナール・フジタとパリ1913-1931

藤田嗣治の線描

2013/06/13

早いもので「レオナール・フジタとパリ1913-1931」展の会期も、残すところ1週間余りとなりました。

本展は、1913年に渡仏した藤田嗣治が最初の妻・とみへ送った手紙や、1910年代後半の水彩画など、これまでの藤田展ではあまり紹介されなかった時期の作品や資料を多数含んでいます。1910年代の水彩画から1920年代の「素晴らしき乳白色の地」の油彩画へと移り変わるドラマチックな展開もご覧いただけます。作品図版は展覧会紹介ページに掲載しています(http://www.shizubi.jp/exhibition/130420_02.php)。

 

109b パリのカフェで.jpgのサムネール画像1915年3月 パリのカフェ・ロトンドにて

 

109アトリエにて.jpg

1915年3月 シテ・ファルギエールのアトリエにて

 

これらは藤田がフランスからとみへ送った写真です。とても小さい写真なので、ぜひ展示室で大きさ(小ささ?)を確認してみてください。インターネットもスマートフォンもなかった時代、船便の手紙に添えられたこれらの小さな写真は、日本で待つ妻に藤田の今を伝える雄弁なメッセンジャーだったに違いありません。パリで暮らす藤田の様子が今日のわれわれにも伝わってきます。

 

冒頭でも触れましたが、本展には、1910年代の水彩画が多数出品されています。ルーヴル美術館で学んだ古代ギリシア・ローマやエジプトの美術と、浮世絵に代表される日本の美術のエッセンス、さらにはパリで知り合ったピカソやモディリアーニら同時代の画家たちの新しい動き、そういったものを吸収して生み出された水彩作品です。

(参考図版はこちらhttp://www.shizubi.jp/exhibition/130420_02.php#03

 

1910年代、既に藤田は繊細な描写に個性を発揮しています。ですが、本展の出品作品を改めて見たとき、際立って感じられるのは1920年代の線の細さとしなやかさです。

(参考図版はこちらhttp://www.shizubi.jp/exhibition/130420_02.php#04

 

ここで、線についての藤田の発言をいくつかご紹介しましょう。
1929年に日本に一時帰国した際、藤田は自分の制作について次のように語っています。

 

「自分はほとんど定規で引くような確実さで頭の支配によって動く機械として自分の手の練習に努めた。例えば毛髪の一本が鏡の上に落ちた時には非常に直線に見える。同じ毛髪でも粗い布の上に落ちた時には非常に振動して見える。自分の細い線を現すにはもっとも滑らかな、光沢のある画布を作らねばならぬ。古来よりの日本画のもっとも長所とする寧ろ書かざる部分の余白を豊富な質のある画幅に作ることに苦心した。」

(藤田嗣治「在仏一七年」『藤田嗣治画集』1929年、朝日新聞社)

 

余白の美を表現するため、そして鍛え上げた細い線の魅力を十全に発揮するために、あのきめの細かい白い下地が考案されたというわけです。また別の文章では、線について、ただの輪郭ではなく、画家が捉えた本質の表現でなければならないとも言っています。

 

「線とは、単に外殻を言うのではなく、物体の核心から探求すべきものである。美術家は物体を深く凝視し、的確の線を捉えなければならない。そのことが分かるようになるには、美の神髄を極めるだけの鍛練を必要とする。」

藤田嗣治「線の妙味」『地を泳ぐ』講談社、1984年;初版は書物展望社、1942年)

 

画材の研究や筆を扱う技術の修練に加えて、こうした強い信念があってこそ、あのような線が誕生したのですね。静岡でご覧いただけるのはあと少しの期間となりましたが、ぜひこの線の魅力をご堪能下さい。(k.y.)

「レオナール・フジタとパリ1913-1931」 1万人記念

2013/05/16

本日、「レオナール・フジタとパリ1913-1931」展で1万人目のお客様をお迎えしました。


一万人目となったのは富士市からお越し下さった佐野邦子さん、みどりさん親子。
静岡県立美術館の草間彌生展をご観覧のあと、当館にいらして下さったという美術好きのおふたりです。

館長から記念品を贈呈しました。おめでとうございます!

 

ichiman_foujita.jpg 


 ご来館ありがとうございました。本日のご観覧がよい思い出になりますよう願っております。

 

フジタ展は6月23日までです。

5月26日までは、シズオカ×カンヌウィーク2013の連動企画として
エントランスロビーにて映像・パネル展示「エレーヌ・ジュグラリスと羽衣」も開催しています。

http://shizubi.jp/event/post_128.php

 

また、6月8日、9日に開催予定の Shizubi シネマアワーvol.8「猫」のチケットも好評販売中です。
あわせてお楽しみください。

http://shizubi.jp/event/shizubivol8.php 

 

(k.y.)

猫グッズ500名達成!好評につき、引き続きオリジナル缶バッチをプレゼント!

2013/05/16

静岡市美術館では、「レオナール・フジタとパリ」展を好評開催中です。

 

 

アンケートには、たくさんのご感想をいただいています。

その一部をご紹介します。中には愛のあるメッセージも...。

 

「藤田嗣治の作品や歩みなど時代などもよくわかった。写真や手紙なども実像を知ることができた」

「フジタの美しい乳白色を鑑賞でき満足。モディリアーニやルソーなど同時代の作家も面白かった」

「藤田嗣治さん...日本を離れ自分の愛する絵のために命をささげ、今、その愛が私たちの心に届いているような気がしました」

 

皆さんからいただいたお言葉は、職員の励みになっています。

アンケートにご協力いただき、ありがとうございます。

 

 

さて、本展では、猫を愛した画家・藤田にちなみ、特典企画として「猫グッズで粗品プレゼント」を実施しています。

本展をご観覧の方に限り、猫グッズ(猫の写真でもOK!)のご提示により、美術館のオリジナルグッズがもらえる、というもの。

先着500名様には、特別版として、オリジナル缶バッヂをプレゼントしていました。

 

そして、このたび、めでたく500名を達成!

通常のプレゼントに戻る・・・はずだったのですが、

好評につき、猫グッズをご提示いただいた方には、引き続きオリジナル缶バッヂをプレゼントします!!

 

缶バッヂ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開幕から約3週間...たくさんの猫たちと出会えました!

ご提示いただいたグッズを、ちょっとだけご紹介しますね。

 

まずはこちら。

  猫グッズカードホルダー.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペアでお持ちいただいた、猫のぬいぐるみ。

大きめのビーズでできた、キラキラのおめめがとってもチャーミング!

お行儀よく、ちょこんと揃えた前足もかわいいです。

ん?前足でチケットを挟んでいますね。なんと、カードホルダーとしても使えるようです!

 

 

 


続いては、こちら。着物でご来館いただきました。

 

着物.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

帯に注目!リボンをつけた猫の後ろ姿が描かれています。

帯には音符も散らばっており、猫がリズムに合わせて尻尾を揺らしているようにもみえます。

よくみると、着物にもたくさんの猫ちゃんが!

 

帯留め.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帯留めも黒猫が...あ、フジタの缶バッヂも!

オリジナル缶バッヂの使用例を教えていただきました。

 

このほかにも、猫モチーフのアクセサリーや、猫の目・耳・ひげがついた靴、

かわいい家族(猫)の写真などをご提示いただきました。ありがとうございます!

 

 

猫グッズで粗品プレゼントは、会期最終日まで実施しています(オリジナル缶バッヂはなくなり次第、配布終了)。

皆さま、ぜひ、お気に入りの猫グッズを手にご来館ください。

かわいい猫たちにお目にかかれるのを楽しみにしています。

 

 

「藤田嗣治 渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ1913-1931」

会期:2013年4月20日(土)~6月23日(日)

休館日:月曜日

観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料

*()内は当日に限り20名以上の団体料金

 

(c.o)

 

フジタ展 展覧会の記念に・・・

2013/05/01

ゴールデンウィークも半ばを過ぎました。
今年は国内旅行が盛況と報道されておりますが、皆様はすでにどこかへ行かれましたか?
静岡市美術館では、先月末から「藤田嗣治渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ 1913-1931」が開幕しました。

多くのお客様にご来場いただいております。

前回のブログで館内の様子をご紹介しましたが、実は紺屋町商店街側の入口に、一風変わったものがあります。
コレです。

 

顔出しパネル1 web.JPGのサムネール画像

 

・・・このパネル、ご来館いただいた方はお気づきになりましたでしょうか?

 

顔出しパネル2 web.JPG  

  コレが一体何なのか、説明よりも見る方が早いかもしれませんね。

 

顔出しパネル3 web.JPG  

  そうです。 「顔だしパネル」です。
行楽地に行くと必ずあるアレを、
フジタ展限定で作ってしまいました!!

写真でご覧いただけるように、ちょうどお二人一緒に入ることができます。
このパネルの後ろには、フジタの肖像写真があります。
撮影するとこんな感じ。

顔出しパネル4 web.JPG  

なかなかの写真スポットだと思いませんか?
後ろに見えるフジタの肖像写真も、インパクト大です!
ゴールデンウィークが明けて、みなさま学校やお仕事に出た際、この写真があれば周囲の話題をさらえること、ウケあいです。
美術館に来た際は、ぜひこのパネルを使ってみて下さいね!


(R.A)

 

レオナール・フジタとパリ展、もうすぐ開幕!

2013/04/18

今週の土曜日から開幕する、「レオナール・フジタとパリ 1913-1931」展。

美術館のいろんな場所に、フジタ展のバナーや看板が設置されました!

 

 

葵タワーの商店街側入り口からエスカレーターで3階まで行くと...

 

【東側入口前】

東側入口前.JPG 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

静岡市美術館専用エレベーターで3階まで行くと...

 

【美術館専用エレベーター】

エレベーター.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【西側入口前】

西側入口前.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

館内はこんな感じです。

 

【エントランスホール】

エントランス.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示室内も作品が搬入され、作業も大詰めを迎えています。

皆さまのご来館をお待ちしております!

 

 

 

「藤田嗣治 渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ1913-1931」
会期:2013年4月20日(土)~6月23日(日)
休館日:月曜日 ※ただし 4月 29 日(月・祝)、5月 6日(月・祝)は開館、5月7日(火)は休館
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*()内は前売りおよび20名以上の団体料金

 

※お得な前売り券は4月19日(金)までの販売です!
※4月19日(金)は、臨時休館日です。静岡市美術館ではお買い求めいただけませんので、ご注意ください。

 

(c.o)

フジタ展 猫グッズのご提示で...!?

2013/04/12

「藤田嗣治 渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ1913-1931」の開幕まで、あと1週間ほどとなりました。

 

美術館近くの商店街の様子です。フジタ展の広報物デザインのトリコロールが映えています。

  商店街①.JPG


 

 

 

 

 

 

 

 

商店街②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、4月20日(土)から始まる本展覧会では、特典企画をご用意しています。

 

フジタ展 特典その① 「猫カード」で粗品プレゼント!

 

猫カード.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

前回のブログでご紹介した、この猫カード。

本展覧会をご観覧の方に限り、このカードをご持参いただくと、ちょっとしたプレゼントがもらえます。

プレゼントの内容は当日までのお楽しみ~♪

 

 


フジタ展 特典その② 「猫グッズ」で粗品プレゼント!

猫を愛した画家・藤田にちなみ、本展覧会をご観覧の方に限り、猫グッズ(猫の写真でもOK!)のご提示により、美術館のオリジナルグッズがもらえます。

さらに、「猫グッズ」をご提示いただいた方、先着500名様はスペシャル版! 
オリジナル缶バッヂをプレゼントします!

 

これです!

 

缶バッヂ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

缶バッヂの使い方は様々。ちょっとだけ、試してみました。

 

 

洋服に...
 

服②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帽子に...
 

帽子.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職場でも...!!

 

名札②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


この缶バッヂをもらえるのは、猫グッズをご提示いただいた方、先着500名様限定です。

手にされた方は、缶バッヂの使い方を教えてくださいね♪

 

 


「藤田嗣治 渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ1913-1931」
会期:2013年4月20日(土)~6月23日(日)
休館日:月曜日 ※ただし 4月 29 日(月・祝)、5月 6日(月・祝)は開館、5月7日(火)は休館
観覧料:一般1200(1000)円、大高生・70歳以上800(600)円、中学生以下無料
*()内は前売りおよび20名以上の団体料金

※お得な前売り券は4月19日(金)までの販売です!

 


(c.o)

フジタ展 素敵なカードができました

2013/04/04

新見南吉展も好評のうちに閉幕しました。ご観覧くださった皆様、展覧会にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

さて美術館では、4月20日から始まる次の展覧会
「藤田嗣治 渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ1913-1931」
の準備が進んでいます。

前売券やチラシに続いて告知用カードも出来てきました。

 

P1030117mini.jpg

 

裸婦と猫の画家と呼ばれた藤田嗣治にちなみ、藤田が描いた猫がレイアウトされています。とてもかわいいものになりました。静岡市内と近隣を中心に店舗や美術館に置いてもらう予定ですので、見かけたらぜひ手に取ってご覧ください。

 

藤田が猫を本格的に描くようになったのは1920年代に入ってからです。パリの路上で拾った猫を飼い始め、モデルのいない時に眺めては描いたのがきっかけだったとか。

 

本展出品予定作のうち、猫が描かれたものは多くはありませんが、静かにくつろぐ姿、眠っているところ、首を伸ばして何かを見つめるしぐさ...とそれぞれ違った表情が捉えられています。彼(女)らの自然な姿は、身近に猫を飼っていた画家ならではの観察眼を感じさせます。また、猫の毛並やひげなどを描写する細い線もまた、藤田だからこそ描けたものといえましょう。

 

ぜひ、展示室で実物の作品を見て、藤田の手わざのすごさを確認してください。
展覧会の開幕まであと2週間あまり、もう少しだけお待ちください。

 

なお、会期中に行われるShizubiシネマアワーvol.8でも「猫」を特集いたします。チケットは4月10日(水)から当館インフォメーションにて発売されますので、こちらもあわせてお楽しみください。

 

詳細はこちら
http://shizubi.jp/event/shizubivol8.php


(k.y.)

「藤田嗣治渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ1913-1931」前売券発売開始しました

2013/03/06

ひな祭りも過ぎ、春の気配が本格的に感じられるようになってきました。

ここ静岡では、日中はポカポカと暖かい陽気の日が続いています。

 

ただいま当館では、「新美南吉生誕100年 ごんぎつねの世界展」を開催中ですが、本日3月6日から次の展覧会「藤田嗣治渡仏100周年記念  レオナール・フジタとパリ1913-1931」前売券の発売が始まりました。

 

お気づきの通り、両展ともタイトルに「100年」が入っています。藤田嗣治がフランスへと出発したのは1913年6月。その翌月7月に新美南吉は誕生しました。藤田はパリで成功をおさめ、1931年には南米へと旅立ちますが、その同じ年に南吉の「ごん狐」が『赤い鳥』に掲載されています。

 

さらに付け加えると、当館ではもうひとつ100年記念展を予定しています。
本年11月に開催予定の「徳川家康公顕彰四百年事業 没後100年 徳川慶喜展」です。
1913年とは、徳川慶喜公が亡くなり、新美南吉が生まれ、藤田嗣治がフランスに初めて渡った年だったのですね。

 

さて、出来立てほやほやのチケットはこちら。

 

P1030054mini.jpg 

 画家を育んだ芸術の都パリのイメージで、チケットや広報印刷物はトリコロールのデザインです。

 

今回の展覧会では、画家の26歳から44歳までの時期に焦点を当てています。単身フランスへ渡った藤田嗣治が、モディリアーニやパスキンなど異国からパリに集った画家仲間たちと個性を競い合い、「乳白色の地」と讃えられる独特の作風に至るまでの道のりをたどるとともに、その最初の充実期の名作をご紹介します。

世界を目指す若き日の藤田が熱い思いをつづった手紙も出品されます。どうぞお楽しみに!
 

「藤田嗣治渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ1913-1931」
会期:2013年4月20日(土)―6月23日(日)
休館日:月曜日 ※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・祝)は開館、5月7日(火)は休館

観覧料:一般1200円→ 前売り料金1000円
    大高生・70歳以上800円→前売り料金600円
*中学生以下無料
*障害者手帳等をご持参の方および介助に必要な方は無料

 

前売券販売期間:3月6日(水)から4月19日(金)まで
販売場所:静岡市美術館、チケットぴあ[Pコード765-563]、ローソンチケット[Lコード47129]、セブンチケット[セブンコード021-228]、谷島屋呉服町本店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店

パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店

 

(k.y)