静岡市美術館HOME > 静岡市美術館ブログ > 没後150年 歌川国芳展

講演会「後姿の感情-歌川国芳の自画像とその系譜」

2011/07/26

 

前期展示は、早いもので今週いっぱいで終了
残すところ今日を含めて6日です。

 

7月24日日曜日の午後、岡戸敏幸先生をお招きして講演会を開催しました。

 

そもそも、岡戸先生が"後姿"に興味をもったのも、1996年に開催された「生誕200年歌川国芳展」を担当され、国芳の後姿の自画像に出会った頃からだとのこと。

 

そして今回、没後150年を記念した国芳展でのご講演です

 

 

 

国芳展 講演会 後姿.JPG

 

 

現在知られる限り、なぜか後姿でしか自画像を残していない国芳
"後姿"の意味・・・
絵の中の人物になって絵の中に入り込むような後姿・・・

 

講演会 ようす.JPG

 

「浮世よしづ久志」(前期展示)を語ると、聴衆はぐっと岡戸先生のお話の世界へ、
国芳の絵の世界へ引き込まれてゆきます

 

国芳 講演会 猫よしよし.JPG    bubun.jpg 

「浮世よしづ久志」(部分/前期展示) 

 

 

いやはや
国芳は猫を抱いて"よしよし"しているんですねえ

 

岡戸先生は本当に楽しそうに国芳の作品を語ります
国芳の絵の力は、江戸の人たちだけでなく、時代を超えて私たちに絵の魅力を教えてくれますね
視ることの新たな発見がたくさん!

 

国芳の絵を見るのがますます面白くなるお話でした

 

(e.y)

会期中いつでも誰でも「国芳とあそぼう!」

2011/07/23

「没後150年 歌川国芳展」開幕から2週間。
当館多目的室で実施している「みんなで巨大鯨を描こう!」が始まり、早いものでもう1ヶ月が過ぎました。


DSC_0063.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、皆さんにマスキングテープを貼り付けてもらっています。

完成に近づく鯨をみて、スタッフが感激したのは・・・ココ!!


DSCN4895.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

鯨の背中部分は、もともと模様がついているマスキングテープを用意したのですが、
来館者の皆さんの観察眼はさらに鋭い!
他の色のテープを使って、鯨の背中や尾にある"斑点"を見事に表現してくれました。

 

さらに鯨の目は細部まで丁寧に貼り付けてくださいました。

 

DSCN4894.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

皆さんのお陰で、スタッフの予想を超えるほど完成度の高い巨大鯨が仕上がっています。
ちなみに「宮本武蔵の鯨退治」は後期(8月2日~8月21日)に展示されます。
ぜひ、本物の色合いを確かめに来てくださいね。

 

そして、巨大鯨の隣には「武者絵トレカを作ろう!」のコーナーがあります。
武者絵クイズに答えて全部のトレカを集めると、スペシャルトレカがもらえます!
前後期でトレカの種類が変わりますので、ぜひ足を運んでくださいね!


DSC_0128.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ちょっとだけ注目していただきたいのは、トレカの裏面。


DSCN4903.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

美術館スタッフがデザインしたのですが、国芳の作品をモチーフにしました。
国芳の作品をじっくり観察すると、このような細部までこだわった、オシャレなフレームがよく登場します。

 

作品を隅々までご覧いただくと、国芳の多彩さがより一層伝わるのではないかと思います。


(c.o)

 

国芳展 ギャラリートークを開催しました。

2011/07/10

お暑うございます
国芳展、はじまりました!


初日、朝晩とギャラリートークをしたのですが、あまりに国芳の作品が面白く、あれも紹介したい、これも見てもらいたい、と思ってしゃべっていたら、一時間以上もしゃべってしまいました。

お付き合いいただいたお客様、ありがとうございました。

 

 


国芳展 ギャラリートーク.JPG

 

 

 

しゃべりすぎ?といいますか、ギャラリートークが長引いた原因は、そもそも展示作品が約210点、というボリュームたっぷりの展覧会であるから、なのです。

しかも、今摺ったかのような、美しい色彩の作品ばかりが並んでいます。
質、量とも見所満載!

前期・後期で、総入れ替えしますので、展示総数はなんと421点!そのうち、初公開73点 、
新発見17点です!

関連事業も満載
今日は、アダチ伝統木版画技術保存財団の方々による、浮世絵摺りの実演、子ども摺り体験がありますよ!
暑い夏、涼しい静岡市美術館で、国芳の魅力をお楽しみください!

 

(e.y)

山本耕史さんの音声ガイドが聞けます!

2011/07/06

 

いよいよ夏本番になってきましたね。
静岡は一時的に全国一の暑さを記録しました...。
今年は節電の夏になりますが、皆さま無理して体調を崩されないよう十分ご注意ください。

 

さて、当館では7月9日より「没後150年 歌川国芳展」を開催します。
日本の夏らしい、大規模な浮世絵の展覧会です。

 

みなさん、展覧会をご覧になる際に受付付近で「音声ガイド」の貸出しを行っている事があるのはご存知でしょうか?
展覧会をより深く知るために音声で作品解説を行うもので、耳で聞く事で内容が頭に入りやすく、解説文のように作品と文章をいちいち見比べる必要もないため、展覧会鑑賞に非常に役立つ便利なアイテムです。

 

 

山本さん WEB用.JPG

実はなんと、今回の「没後150年 歌川国芳展」の音声ガイドは、俳優の山本耕史さんがナビゲーターを担当して下さっています!!

 

しかも、山本さんが国芳の弟子であった「芳宗」に扮し、江戸っ子特有のべらんめぇ口調で作品を解説してくれるスペシャルトラックもあります。

 

さらに、作品だけでなく弟子の立場から見た国芳についてや、江戸の風俗についてなど、作品解説だけでなく内容も充実した面白いガイドになっていますので、ファンの方もそうでない方にもお楽しみ頂ける内容になっていると思います。
ご来館の際にはぜひ、合わせてご利用してみて下さい。

 

 


※音声ガイドは有料(500円)です。展覧会チケットをお求めの上、展示室前にてレンタルをお願いします。

 

(k.s)

静岡市美術館 夏のイベント情報!!

2011/07/01

6月15日にスタートした、没後150年 歌川国芳展関連イベント「みんなで巨大鯨を描こう!」
カラフルなマスキングテープを貼り付けて、みんなで巨大鯨を完成させようというものです。

 

写真は7月1日の様子...ご来館いただいた皆さんのおかげで、ここまで進みました!

 

0910(小).JPG

 

 

IMG_0914(小).JPG

 

 いつでも・誰でも国芳とあそぼう!
当館の多目的室で実施しています。ぜひ、ご参加ください。

 

 

そして!国芳展の会期中には、その他にも様々なイベントを開催します。

 

「浮世絵摺りの実演と子ども摺り体験!」

日時:7月10日(日) 

【午前の部】11:00~12:00 どなたでも(参加料無料、申込不要)

【午後の部】14:00~16:00 小学生以上30名(参加料200円、要申込。見学自由)

 

ワークショップ「国芳とあそぼう!」① 「浮世絵で飛び出すカードを作ろう」

日時:7月16日(土) 

【子ども編】10:00~12:00 中学生以下20名

【大 人 編】13:00~16:00 高校生以上20名

参加料:各回とも500円(材料費含む)

 

ワークショップ「国芳とあそぼう!」② 「江戸の影絵あそびとうちわつくり」

日時:7月18日(月・祝) 

【午前の部】10:00~12:00

【午後の部】13:30~15:3

各回とも中学生以下20名

参加料:各回とも500円(材料費含む)

 

まだ若干定員に余裕がございますので、皆さまぜひお申込みください。
問合せ・申込みは、お電話で静岡市美術館までどうぞ♪(先着順)
詳細は、各イベント情報をご覧ください。

 

 

さらに!「歌川国芳」日曜美術館で再放送が決定しました。
・7月10日(日)朝9時~
・7月17日(日)夜8時~
の2回です。
歌川国芳の作品がたくさん紹介されるのはもちろん、国芳の生き方や魅力がたっぷり詰まっております。
前回見逃してしまった...という方、ぜひこの機会にご覧くださいませ。

 

(c.o)

 

「みんなで巨大鯨を描こう!」本日よりスタート!

2011/06/15

いつでも誰でも参加できる「みんなで巨大鯨を描こう!」
本日より静岡市美術館 多目的室にてスタートしました!

 

DSCN4726.JPG 

 

これは、次回展覧会「没後150年 歌川国芳展」出品作品である、
国芳作「宮本武蔵の鯨退治」【後期(8/2~8/21)出品】を、
みんなでカラフルなマスキングテープを貼り付けて完成させよう!というイベントです。

 

約3mの巨大鯨ですから、完成にはまだまだ時間がかかります。
まだスタートしたばかりですが、
本日だけでもたくさんの来館者の方にご参加いただきました!

 

DSCN4731.JPG 


画面が大きいので、直線で貼ることのできる部分が多いのですが、
曲線部分、貼り出すと夢中になります...。


現在開催中の「ハンス・コパー展-20世紀陶芸の革新」は今月26日まで開催中です。
展覧会をご覧いただいた後は、ぜひ多目的室にお立ち寄りください。

 

DSCN4728.JPG

 

多目的室入り口では、大きな大きな猫さんが
「みんなで巨大鯨を描こう!」をご案内しております。

 実はこの猫さん、国芳が描いたものなんです!

大の猫好きとして知られる国芳は、猫の浮世絵をたくさん描きました。
もちろん、展覧会にも多数出品されます!
浮世絵ファンのみならず、本展は猫好きの皆様にも愉しんでいただけると思います!

 

国芳猫さん、もう一体は展示室出口に立っております。
猫さんは写真撮影していただけますので、ぜひ記念撮影してくださいね。
(※展示室内での撮影は禁止しております。)

 

本イベントは、開館日であればいつでも、どなたでも、ご参加いただけます。
歌川国芳展会期最終日(8/21)まで開催しておりますので、
みなさんぜひぜひ、何度でも、ご参加ください。

国芳猫さんと共にお待ちしております!

 

(m.y)

 

国芳展準備中です・・・

2011/05/31

ハンス・コパー展も後半に入ってきました。

美術館では、次回展覧会「没後150年 歌川国芳展」の準備が着々と進んでいます。

写真はポスター、ちらしなどの印刷物です。

 

DSCN4669.JPG

 

まだ校正段階ですが、事務室ではこんな感じで貼りだしています。

使っているのは「坂田怪童丸」という作品。金太郎を描いたものです。

 

DSCN4670.JPG

迫力ありますね~。

 

今回の国芳展は、いままでの国芳展とは大きく違います。

例えば出品点数。総点数は421点です。

もういっかい言います。421点です。

・・・これ、関係者からは「展覧会3回できる」と言われる程の分量です。

空前絶後の規模と言っても過言ではないでしょう。

本展では、前期と後期に分けて、作品を総入れ替えして展示します。

このため、入館券は通常の一般券のほかに、「前・後期共通券」というとてもお得なチケットを用意します。

 

例えば前期と後期を両方見る場合・・・・

一般券(当日)1,200円×2=2,400円のところ、

一般共通券(当日)は2,000円!さらに前売券なら1,800円です!!

大高生・静岡市在住70歳以上の方は、当日券が800円×2=1,600円のところ、

共通券は1,200円、前売券なら1,000円です!!

 

・・・と、すいません。

いきなり商魂たくましい売り込みになってしまいました。

 

展覧会は、武者絵、説話、美人画、役者絵、風景画、子供絵、戯画、摺物など、様々なジャンルで活躍

した国芳の画業を紹介します。

また、この展覧会で初めて公開する作品も多数あります。

会期は7月9日(土)-8月21日(日)まで。

ご家族の方は、ぜひお子さんと一緒に見に来て下さい。

というのも、国芳の作品は、浮世絵の知識がなくとも、見るだけで「面白い!」「楽しい!」と思える作品

がたくさんあります。

どんなものがあるかというと・・・・・それはまた次回。

お知らせでした~。

(R.A)